ポエムガーデンハウス 新着情報

May/2017 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
求めないこころ
ああして欲しい
こうして欲しい

親が子に
子が親に

先生が生徒に
生徒が先生に

上司が部下に
部下が上司に

相手を見ているようで
見ていない

相手を感じているようで
感じていない

目線の違いに気づいたら
それは立ち止まる時

視線の違いに気づいたら
方向を変える時

与えられたミッションを
こなすのは
自分でしかないのだから
詩(ポエム) : comments (x) : trackback (x)
手のひら
手のひらをながめる
赤い血潮にみなぎり
五本の指はまっすぐに伸びている
中央のくぼみは丸みをおびて
受け皿となっている

中指に力を入れてみる
手首からまっすぐに
伸びる姿が美しい
まわりの指たちが
助けているかのよう

薬指に力を入れてみよう
人差し指に力を入れてみよう
小指に、親指に
五方向に力が向かっていく

手を握ってあっためて
パーッと開いて
指に力を入れて

それならば
足の指もパーッと開いて
力を入れて
一歩一歩進んで行ける
新しい道を
詩(ポエム) : comments (x) : trackback (x)
3.11天災発生
とてつもないマグニチュード9.0の大地震
建物の下敷きに人が、物が‥
陸に海が押し寄せて
大津波が町を人をさらって行った

一瞬のうちに、飲み込まれた人と
助かった人が
明暗を分けてしまった

日出国の日本に
自然からの厳しい警告か
復旧・復興していく力が
大人から子供まで課せられていく

余震がまだ続く
抵抗せずに一緒に少し揺れてみようか
人も自然なのだから

あるがまま
ゆるしてあげよう
人と人が手を繋ぎ大きく伸びる兆し

ありがとうをたくさん伝え
涙を流し温かくなって行く
大人も子供も
詩(ポエム) : comments (x) : trackback (x)
和室のこだわり
その名はイナゴ天井
イナゴの羽のように杉板が重なり
杉の棹縁で押さえ釘は見えない
一昔前にタイムスリップするようで
なつかしい

ゆっくりと時が流れ
漆喰壁で
まっさらに浄化され
ほわっとした温かさは
杉板の天井か

先人たちと同じものを選び
楽しむ時間は
人のぬくもりまで引き寄せる



詩(ポエム) : comments (x) : trackback (x)
桧の香り
桧風呂でも贅沢なのに
広いリビングと腰板にふんだんに使った
桧の無垢板
まるで芸術品のように木目がつんでいる
黄色身がかったその色は
豊をイメージさせる

馥郁としたその香りは
いつしか心を落ち着かせ
セラピストのように
静かに
寄り添ってくれる



詩(ポエム) : comments (x) : trackback (x)
地鎮祭が行われました。
ポエムガーデンハウス>10/29
U様w>10/15