体感ハウス

体感ハウス

自然に呼吸する住まい、空気の違いを肌で感じてください。

ここ「体感ハウス」では、一般的な外断熱(高気密・高断熱)工法と、当社採用の通気断熱WB工法による住空間を比較体感することができます。

体感ハウス

通気断熱WB工法

土壁の原理を現在に蘇らせる

WB夏 WB冬

私たちが暮らす日本の伝統的な家づくりに「土壁」を用いた家づくりがあります。土壁は、夏場の通気や冬場の保温を自然に行い耐火性・調湿性にすぐれたまさに日本風土に適した素材として利用されてきました。この土壁の原理を応用して考えられたのが通気断熱WB工法です。透湿壁による透過のチカラと2重の通気層による自然通気システムで、できるだけエネルギーを使わずに、自然にあわせて家自体が呼吸するしくみを実現しています。

電気のいらない調整システム

WB形状記憶合金の作用

エアコンなど夏場や冬場に使用する電力を出来るだけ減らせるように、夏は自然におこる上昇気流を利用して建物内の無駄な熱を排出し、冬は暖房した空気を逃がさないよう通気口を閉じることで、過ごしやすい住空間を実現しています。WB工法の自然通気システムでは、熱感知式形状記憶合金の「温度が高いと縮み、低いと伸びる」という性質を利用して、通気口の開閉を行っています。自然の温度を感知し、電力を使用せずに自動的に開閉切替をするのでこれからの節電対策にもつながる仕組みです。

開発元:株式会社ウッドビルド
国土交通省大臣認定取得(建築基準法施行令第20条の7)認定番号RLFC-0001

シックハウス対策

透過のチカラ

時代の変化に伴いさまざまな建材が開発された現在、私たちは健康と引き換えにシックハウス症候群や化学物質過敏症等の弊害を抱えてしまいました。法律の改正により安全性を示した建材が増えたものの、ホルムアルデヒドなどの化学物質は何も住宅によるものだけではありません。家内に持ち込まれた家具などからも発せられ、頭痛やアレルギー症状の一因となっています。これらの原因物質をできるだけ室内に残さないよう透湿壁のもつ透過のチカラで空気清浄化をコントロールします。

シックハウス

化学物質や臭いなどは水の分子(湿気)に溶け込みやすい性質があります。溶け込んだ湿気を逃がすのが透湿壁と通気層です。これからの家づくりには木や自然素材がもつ調湿性を最大限に活かしたものが必要だと私たちは考えます。日本古来の住宅はそういう自然素材の特性を上手に活用して、夏の暑さを遮り、冬の暖をとったものでした。今では冷暖房や除湿器、加湿器までが当たり前の世の中です。これらのエネルギーにできるだけ頼らずに生活できるならそれが一番ではないでしょうか。

お客様の声

お客様からの声

[#001]空気が澄んでいる感じがする -ひたちなか市K様[居住2年5カ月]-

WB工法のお家に住み始めてから感じることは、「空気が澄んでいる感じがする」ことと「嫌な臭いがしない」ということです。住んでいる私達は今はあまり感じなくなりましたが、お客様からは「木の香りがする」と言われます。春と秋はさわやかで気持ちよく、住みやすいです。夏は来客時・就寝時はエアコンをつけたりしましたが、それ以外は扇風機だけでも大丈夫でした。アパート住まいの時は毎日エアコン生活でした。健康面ではあまり風邪をひかなくなりました。室内干しも以前は一日では乾きませんでしたが、よく乾きます。室内干しの嫌な臭いもなく、夜干しても朝には乾いています。以前は結露がものすごかったですが、今は寝室の窓枠が少し結露するくらいです。WB工法は電気に頼らず、自然の力で室内の空気を良くしてくれるとこがすばらしいと感じています。息子の喘息の発作も起きなくなり、友人・知人には是非お勧めしたいと思います。

お客様からの声

[#002]冬の体感温度が違う -ひたちなか市K様[居住2年2カ月]-

住んでいて一番実感したことは、冬の体感温度が違うなあということです。以前団地に住んでいた時は秋から冬にかけてもファンヒーターを使っていましたが、今は真冬の暖房のみで済んでいます。結露もありません。健康面では子供の咳が減った気がします。部屋の臭いに関しては、お料理の臭いやトイレの臭いが以前より少なくなったと思います。臭いがこもらないという点でもWB工法を納得できました。室内干しも一年中一日で乾いてしまいます。友人・知人にお勧めしたいと思います。