適材適所の考え

木にはたくさんの種類があります。家を支える構造材については「家づくりのこだわり」に記載していますが、他にも床に貼る床材、壁や天井に貼る板材、また外部のウッドデッキやフェンスに使う木材もあります。全てに「適材適所」があります。

床には、傷に強い硬い木(ウォルナットやサクラ、オークなどの広葉樹)や柔らかく温かみのある木(杉や桧、パイン材などの針葉樹など)があり、木々によって塗装の方法なども変えています。ほかにも節のある板目から木目を浮き彫りにした浮造り加工など、床材一つにとっても様々な種類があります。 

その一つ一つの特性を理解し、お施主様に合った素材を提供しています。

日差しや風雨にさらされる外部に使う木材もまた、内部に使用する木とは全く異なるものを使用します。長年雨にさらされても腐食しにくいのが「ウリン」。最近では少しコストを抑えたセランガンバツなどもあります。

また、塗装をしながら耐久性を持たせるレッドシダーやカラマツもありますが、私の自宅の外壁では一部、木が色あせていく感じが好みのため、レッドシダーを無塗装にて使用しています。

ついでに自宅の物置は屋根も外壁もすべてレッドシダーの無塗装で作りました。

そこまでは推奨いたしませんが、自然素材のお家を作るうえで、木材の知識は欠かせないものだと思っています。

木についてお知りになりたいことがありましたらお気軽にご相談ください。

ポールスミスの小屋「ポールズシェッド」

川上から川下
現場のKです。
2021/06/16
6月19日(土・・・
『家事動線にこ
2021/06/12
牛久の家後記
現場のKです。
2021/06/09
6月12日(土・・・
同じ分譲地内で
2021/05/31