川上から川下

現場のKです。石油ショックになぞられた「ウッドショック」。最近のテレビ報道でも見かけるようになってきました。建築業界・職人さんの間ではこの話でもち切りです。原因としては新型コロナの影響によるコンテナ船の不足、米国・中国その他の国の住宅需要急増などのによる世界的な材木の不足がウッドショックの原因とされているようです。世界中で木材の奪い合いが過熱する中、木材の価格高騰に手も足もでなくて日本は買い負けしました。

日本は国土の7割が森林に覆われた森林国。ところが木材自給率は3割程度。輸入材がないなら「今こそ国産材」と声が高まりますが、きっとこのいつ終了するかわからない価格上昇をビジネスチャンスと捉えて設備投資・人材確保してまで増産体制をとる林業経営者は少ないことでしょう。50~60年、山を管理してやっと伐採した杉が立ち木単価で千円もしないなんて・・・野菜じゃないんだから・・・そんな低迷期を長期にわたり味わってきた林業。もう市場原理ではなく補助金の額で生産量決定してるから急な増産には対応できないんじゃないかな。林業以外目立った産業のない山村地域では林業の衰退と共に、地域の活力も低下し、林業離れによる後継者不足、林業従事者の高齢化、限界集落と呼ばれる問題まで起こっているそうです。荒廃した森林は公益的機能(土砂災害の防止・洪水や渇水の緩和・水源涵養機能・生物の多様性の保全等)を失ってしまいます。私たちは森林からさまざまな恩恵を受けています。だから川下の我々(工務店・建て主)が損するって話じゃなく、適正価格の話。

ウッドショックをとおして、家づくりとは、新築予定地だけで行われるものではなく、川上、すなわち山林から始まるのだと言う事を再認識させられます。

是非、一度ポエムガーデンハウスに遊びに来てみて下さい。

弊社は材木店も営んでいます。木の話・素材の話・構造材の話、家づくりのヒントがきっと見つかると思っています。

暑い。
現場のKです。
2021/08/04
夏季休業のお知らせ
厳しい暑さが続
2021/08/03
手。
現場のKです。
2021/07/28
7月31日(土・・・
『造作食器棚と
2021/07/22
土地。
現場のKです。
2021/07/21