暑い。

現場のKです。厳しい暑さが続きますね。そんな中、東京オリンピックが開催されました。開催決定時から思ってはいたのですが・・・よくこの暑い季節に開催できるなぁと思っていました。アスリートのみなさん頑張ってますね。現場も頑張ってます。現場での暑さ対策・熱中症対策として定番になってきましたファン付作業着。ファンにより衣服内部に外気を送り込んで、衣服内を通過させることで汗を蒸発させ、その気化熱で涼しくするという作業着。打ち水や古民家に入ったときにひんやりするのも気化熱の作用。古民家は土壁からの水分蒸発時の気化熱を利用して室温の上昇を抑えています。ファン付作業着、扇風機の様に風の涼しさを利用していると思ってたのですが気化熱だったんですね。

暑い季節になると数年前に行ったドイツでの研修を思い出します。パッシブ先進国のドイツの建築と世界基準の建築を学びに行ってきたのですが、寒くなるのでダウンジャケット持ってくるといいなんて言ってたのが異常気象で32℃を超える暑さ。ドイツの家庭、学校にエアコンはほとんど設置されていません。ドイツでは暑さ休み・熱帯日程という休みがあるそうで、室温が約28℃を超えると学校、仕事がお休み。「暑い中で集中力のない勉強をするよりも、エネルギーを蓄えて次の勉強を一生懸命頑張る」という考えらしく、日本人で考えられないメンタリティ。

⇓ 建築関係にしか響かない名所バウハウス。100年近く前の学校建築。とても100年前の人の考えで建てられたとは思えない真のモダン。近代建築の傑作といわれている。

ドイツにも暑い時があって、エアコンなしでも建築的技法でそれに対策をしっかりして夏を迎えている。はじめからエアコン頼みで、ソーラーで帳消しなんていうメカメカパッシブではありません。技術が及ばないだけであれば追いつくのは簡単ですが考え方が追いつくのはやはり時間がかかります。住宅の技術とか性能だけでなく、住むとか暮らすとか生き方という考えにおいて、日本は遅れている様でした。

是非、ポエムガーデンハウスに遊びに来て見て下さい。

海外まで建築を学びに行く激熱なスタッフがお待ちしてます。

10月10日 ・・・
出店舗数を少な
2021/09/20
9月23日(木・・・
『大きな吹き抜
2021/09/14
POEM de・・・
-イベント出演
2021/09/06
POEM de・・・
-イベント出演
2021/08/25
9月4日(土)・・・
『トップライト
2021/08/23