住まいをもっと住みやすく

「ナチュラル雑貨の似合うお部屋に暮らせたら・・・」 「赤ちゃんや家族のために優しいお家にしてあげたい・・・」 「お店のようなインテリアにすごせたら・・・」

いつも見慣れた空間がアイディアやセンスによってガラリと大変身。 毎日の生活がもっと明るく・楽しく・住みやすくなるように新築物件だけでなくリフォーム事業も行っております。 自然素材をふんだんに使った「カラダにやさしいリフォーム」。 今のお住まいをもっと住みやすくしたいとお考えならお気軽にご相談ください。

間取り大改造の家


日立市 T邸

築30年の木造住宅におすまいのTさんご夫妻。お子様たちもみな独立されてご夫婦だけの二人暮らしに…。当初は暗くて寒い廊下だけをリフォームする予定でしたが、『どうせだったら、老後も安心して住めるお家にしたい!!』ということで、思い切って間取りを大改造することに…!!家族と過ごしたたくさんの思い出を残しつつ、お二人のための素敵なお住まいが完成しました。

  • 洗面脱衣所には扉が3枚もあったため、まるで通路のよう…。トイレの入り口が洗面所にあるため、ぶつかって大変でした。

  • 勝手口が冷蔵庫でふさがれており、使用できません。 玄関から一番遠くにあるので買い物の荷物をはこぶのにも一苦労したそうです。

  • お施主様が一番気にされていた場所がこの廊下。 『とても暗くて、寒い』ことをずっと気にされていたとか。

お子様達は皆独立され60代ご夫婦だけで暮らすご自宅は築30年の木造二階建て。 老後に備え、一回のみで生活出来るよう大改造リフォーム。 床はもちろんバリアフリー設計。もともと壁面の少なかった和室(昔のガラス窓のため断熱効果の低い”夏は暑くて冬はとても寒い”お部屋でした。)に適度な壁をつくり、断熱材とベアサッシを入れ保温と断熱効果を保てるようにしました。

以前は洗面所から出入りするしかなかったトイレも、広さを確保し、廊下側から出入りできるように・・・!!

杉の無垢床を敷き詰めたLDK。ほとんど使われることのなかった二間続きの和室を家族みんなが集えるLDKへと大変身させました!! 思い出の品を収納するため造作棚を作り、低くて使いにくかった仏壇は引き出しをつけて一段上げることで収納も増え、お線香があげやすくなりました。 それまで奥に孤立していた「キッチン」もリビングへと移動。カウンター付きでリビングの様子を伺いながら楽しく料理ができるようになりました。

以前は洗面所から出入りするしかなかったトイレも、広さを確保し、廊下側から出入りできるように・・・!!

もともと居間として生活をしていた場所はご夫婦の寝室になり、キッチンはウォークインクローゼットとして新しく生まれ変わりました。 天井にカーテンレールを取り付け、照明2つと天井にカーテンレールを取り付けたことで、夫婦のプライベートもしっかり守られるようにしました。 就寝時の部屋の明るさを気にしたり、エアコンの温度調節でどちらか一方が我慢する心配もありません。

長年使用した縁側もだいぶ痛みが進み”ひさし”も透明の波トタンだったので、せっかくの縁側なのに夏場は暑くて涼むことができませんでした。 これも無垢材で新しく造りなおし、ひさし部分には簾を使って暑い日差しを遮る工夫をしました。「物干しする時、とても涼しくなりました!」と奥様も大喜びです。

自然素材でリフォーム


ひたちなか市 O邸

ひたちなか市にお住まいのOさん(60代ご夫婦)。お孫さんが誕生するのを機に娘さんご夫婦と同居することになり新しい家族と過ごすため築25年の木造住宅をリフォームすることに…。間取りの変更はせず床・壁・扉・水回りをメインに自然素材をふんだんに使ったリフォームでOさんご一家と生まれてきた赤ちゃんにとても優しいお住まいに生まれ変わりました。

床はフローリング、壁はビニールクロスで全体的に「暗い」印象です。

出入り口の多い廊下は、できるだけ歩行の妨げにならないよう開き戸ではなく「引き戸」へと変更しました。床には暖かくてやわらかい「無垢パイン材」を使い、壁は漆喰(スイス漆喰カルクウォール)で仕上げています。以前よりスッキリと明るい雰囲気になりました。 和室の入り口はOさんが購入されたステンドグラスをはめ込んだ無垢のオリジナルドアです。

キッチンのレイアウトはそのままで、システムキッチン・壁・食器棚をリニューアル。キッチン上部の棚は空間を明るくするためにあえて「白」を選びました。 キッチン入り口正面は以前は壁になっていましたが、壁をはずして造作棚を設けることに・・・これで視界が広がり圧迫感がなくなりました。 出窓部分には造作テーブルを設置。脚が邪魔にならないよう壁と固定しています。